honey bee




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチッとしていただけると嬉しいです

  1. スポンサー広告
かそけき香り :: 2012/11/04(Sun)

吾が宿の いささ群竹吹く風の
   音のかそけき この夕べかも


大伴家持  万葉集より

そよそよと微かに音が聞こえてくる。何だろう?
そうだ、あれはこの低に植えてある小さい群竹に吹く風の音なのだ。
静かな寂しい夕暮れだなあ。

といった意味の歌です。


かそけきという言葉を最近知りました。
元々は、神の発する言葉という意味だったのだそうです。
そこはかとない、あるかないか明確には捕らえられないけど、そこに在るモノ。
微かで、淡い・・・。

耳を澄まさなければ聞こえない、微かな虫の声や
何処からともなく漂ってくる、微かな花の香りなど、

こころで感じ取る、そっとしたモノに目を向けて大切にする心。。なのです。
日本古来の美しい言葉ですね。

精油は、自然の植物から取り出した天然の香りですから、
その香りは、人工香料よりも、はかなく、長持ちしません。
かそけき香りですね。

現代は、何にでもとてもインパクトのある強い香りをつける傾向にありますね。
柔軟剤などは、どんどん香りが強くなっていますよね。
天然アロマオイル配合などど謳ったモノも多いのですが、
その香りのほとんどは人工香料です。

けれど、弱く微かな香りを嗅ぐ事は臭覚の幅を広げる為に
とても重要な事なのだそうですよ。
五感の能力を鈍らせてしまった生物は、生存を脅かす環境になった場合、
いち早く滅びてしまうそうです。こわ~いですね。

精油を使わなくてもいいのです。
花や草や土の匂いを体一杯に感じて、自然の恵みに感謝をする。
美しい心を養う上でも、大切なことかもしれませんね。

かそけき気配のある女性なんて言ってみると、何かステキ。
私とは対極な感じなのですが・・一生なれないとも思うけど^^

012.jpg
スポンサーサイト

ポチッとしていただけると嬉しいです

  1. アロマテラピー
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<ご注文のバッグ | top | アロマの事>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honeybee340.blog94.fc2.com/tb.php/131-55c62f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【かそけき香り】

吾が宿の いささ群竹吹く風の   音のかそけき この夕べかも大伴家持  万葉集よりそよそよと微かに
  1. 2012/11/13(火) 04:17:26 |
  2. まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。